WordPressのバージョンアップは慎重に行いましょう。

ab00006214

WordPressは、頻繁にバージョンアップを行い、新機能が追加されています。
常に最新バージョンにしておくことで、プラグインとの相性やセキュリティも強化できますので、オススメですが、

急ぎすぎる必要もありません。

この辺のWordPressのバージョンアップの判断タイミングをご紹介します。

 

WordPressのバージョンアップは、日本語版が出る間で待つ

WordPressでバージョンアップの情報については、ダッシュボードに、
ログインして「WordPressの開発ブログ」の掲示板から確認出来ます。

ab00006215

↑の状態から、最新バージョンの開発状況を確認することが出来ますが、

RC1~3版やベータ版は、開発手前のテスト版ですので、
WordPressに詳しい方や、開発に参加したい方がテスト的に行いますので、
この段階では、「近々来るんだな~程度で見ておきます。」

 

WordPressの最新バージョンがリリース

この表示が出た段階で、正式なWordPressの最新バージョンが公開されます。

ab00006216

 

正式に公開された段階で、ダッシュボードの上に下記のように表示され
アップデート促す文字が表示されますが、ここでも焦らずに注意が必要です。

ab00006217

まずは、「更新してください。」をクリックします。

 

ab00006218

中に書いている自動更新の情報が、「US」バージョンの可能性があります。
日本語版は、少し後のタイミングで出てきますので、ここに注意します。

 

WordPress最新バージョンの日本語版がリリース

開発状況でこのような表示が出たら、日本語版の開発が完成です。

ab00006219

 

WordPressの更新画面でも、「WordPress○○-ja」が表示されますので、
これで、一応日本語版でバージョンアップ出来ます。

ab00006220

 

プラグインの対応状況も確認する

更新状況の下にプラグインとの相性や互換性情報が出ますので、
しっかりと確認します。

ab00006221

 

ただし・・・・・

WordPressバージョンアップは焦る必要は無い

無事に正式に日本語バージョンがリリースされてもまだ焦る必要はありません。

正式後に必ず不具合が見つかりますので、
その修正版を出るのを待つとより安全にアップデート出来ます。

その目安が、○.○1バージョンです。

今回のケースですと、最新バージョンが3.4ですので、
バージョン3.4.1が出るまで待ちます。

だいたい1ヶ月遅れぐらいで出ますので、それを待ってから、
アップデートしましょう^^

また、アップデート前に、検索エンジンで「WordPress 不具合」辺りで検索すると
最新バージョンに不具合があった場合は、

コア層が必ず対策や注意記事を書いてますので、
その記事の有る無しを判断しても良いと思います^^

結論としては、

WordPressのバージョンアップは、
日本語版の○.○1バージョンを待とうってことです( ´∀`)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ