[対応:5]本文の行間や改行幅、フォントサイズの変更方法

本日は、賢威の本文(コンテンツ部分)の
行間やフォントサイズの変更方法をご紹介します。

賢威カスタマイズ 本文の行間や改行幅、フォントサイズの変更方法 

 

賢威テンプレートは、
最初からフォントサイズを大きめに、行間を広めに設定しています。

デフォルト状態でも十分に見やすいですが、
ブログスタイルによって調整したい方もいると思います。

そこでフォントサイズと行間の調整方法をご紹介します。

WordPressの場合は、
ログインしてダッシュボードから⇒外観⇒テーマ編集をクリックします。

中のスタイルシートを選択して
cool-whiteg○.cssをクリックします。

中央にある、

/*——————————————————–
メインコンテンツ(本文)
——————————————————–*/

のすぐ下にある、下記ソースを探します。

#main-contents{
    float: right;
    width: 570px;
    font-size: 1.4em;
}

 

フォントサイズの変更方法

まずはフォントサイズの変更について説明します。

この#main-contentsに書かれている、
「font-size: 1.4em;」を変更します。

1.0em~2.0emの範囲ぐらいで調整してあげると良いでしょう^^
数を小さくすると、文字も小さくなります。

フォントサイズの変更方法

 

文字と文字の行間設定方法

次に行間の設定方法についてご説明します。

行間とは、タグで言うと<br />の幅で、
「shift+enter」で行う文字の折り返しを指します。

行間についてですが、main-contents内に
新しくソースを加えて上げる必要があります。

line-height: 1.5; ←これを新しく挿入して加えます。

#main-contents{
    float: right;
    width: 570px;
    font-size: 1.4em;
}

↓↓↓↓

#main-contents{
    float: right;
    width: 570px;
    font-size: 1.4em;
line-height: 1.5;
}

これで行間の調節が可能になります。
デフォルト状態だとたぶん1.5ぐらいなので、
1.5を目安に上下させて上げれば良いと思います。

文字と文字の行間設定方法

 

改行幅の設定方法

最後に改行幅の設定方法をご紹介します。

行間と違い改行幅はタグで言うと<p>~</p>を指します。
キーボード操作だと「enter」を押す、文字の2行目になります。

改行幅の設定方法は#main-contentsでは無く、
もう少し下にある下記部分で設定出来ます。

/*●コンテンツ*/
#main-contents .contents{
    margin-bottom: 20px;
    padding: 20px;
    background-color: #fff;
    border: 1px solid #666;
    color: #333;
}

#main-contents .contents p{
    margin-bottom: 30px;
    padding: 0 10px;
}

この部分の
「margin-bottom: 30px;」
を調整します。

改行幅の設定方法

これで改行幅を調整出来ます。

 

今回は本文(コンテンツ部分)の調整について説明しました。
賢威は場所場所によって、フォントサイズや行間の変更が可能です。
サイドバーやフッターなど該当部分を見つける事で同じカスタムが出来ます。

以上
賢威カスタマイズ 本文の行間や改行幅、フォントサイズの変更方法
でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ