WordPress版でカスタムメニューを作成する方法

WordPress3.0以降搭載されたカスタムメニューですが、
賢威テンプレートでも様々な形で利用出来ます。

非常に重要機能の1つですので、ここで解説していこうと思います。

ws000006

カスタムメニューが対応しているテンプレートの場合は、
サイドバーのカテゴリーやグローバルメニューの作成など様々な場所で利用できます。

WordPressはもともとカテゴリーが名前順に並んでしまい、
固定表示するためにプラグインが必要でしたが、
このカスタムメニューを使うことで、自由に配置したカテゴリーを作成できます。

動画解説:カスタムメニューの使い方

 

カスタムメニューの設定方法

それでは、カスタムメニューの設定方法をご紹介します。

1.ダッシュボードの外観から「メニュー」をクリックしてください。

ws000007

 

2.メニューページが開きますので、初めて使う場合は、カテゴリー名を決めて
「メニューを作成」をクリックします。

ws000010

メニューは、様々な場所で利用出来ますので、たくさん作成して保存することができます。
カテゴリー用やグローバルメニュー用など、管理しやすい名前で作成してください。

※2つ目以降、メニューを作成する場合は、「新規メニューを作成」をクリックします。

wt0001084

 

3.メニュー項目が表示されますので、外側から登録したいメニューを選択して追加します。

最初は↓の画像のようにたたまされていますが、
「▼」をクリックすることで、それぞれの項目が開きます。

wt0001087

カスタムリンクは、外部リンクや自分の任意のURLを登録することが可能です。
固定ページやカテゴリーなどチェックを入れてメニューに追加します。
カテゴリーなどは作成に応じて自動的に増えていきます。

ws000011

 

4.このように追加されます

screenshot_04

 

5.マウスでドラックすると自由に配置を決めることができます。

マウスで上下させることで順番を入れ替えて
後ろに下げると子カテゴリーを作成することができます。

ws000013

 

6.▼をクリックすることで、そのカテゴリーを編集することが可能です。

ws000014

完成しましたら、「メニューを保存」を押して保存してください。

 

カスタムメニューの利用方法

メニューで作成したメニューですが、様々な場所で利用出来ます。
賢威6.0の場合は、カテゴリー、フッター、グローバルメニューに利用可能です。

※この部分は別の記事でもご紹介していますので、
どこで利用出来るかぐらいを覚えておいてください。

サイドバーのウィジェットで利用する場合

ウィジェットの中にある「カスタムメニュー」をサイドバーに設置します。
作成したカスタムメニューを選択すると反映されます。

ws000015

 

グローバルメニューで利用する方法

グローバルメニューの設定方法ですが、
ダッシュボード⇒「賢威の設定」⇒サイト内共通設定から「グローバルメニューの選択」で指定できます。

ws000016

 

フッターの利用する方法

フッターですが、こちらも同様に、
ダッシュボード⇒「賢威の設定」⇒「フッター」から選択可能です。

ws000017

 

以上

賢威6.0WordPress版でカスタムメニューを作成する方法でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ