WordPressのパーマリンクを設定してURLを静的サイト化させる

WordPressは、動的サイトと言われるPHPで作成されています。
そのおかげで、ブログ再構築の必要が無く操作が非常に軽いのが特長です。

ですが、SEO的には動的サイトは登録されにくい
デメリットもあるので、疑似的に静的サイト化させて、
検索エンジンに登録されやすいURLに設定してあげる必要があります。

今回は、

http://kasegoo.info/?P=456
みたいに「?」が入っている動的URLや

http://kasegoo.info/2%2%2%2%2%2%
見たいに「%%%」日本語エンコードされているURL

などの設定方法を説明します。

動画解説:WordPressのパーマリンクについて解説します。

 

WordPressのパーマリンクの設定方法

ダッシュボード⇒設定⇒パーマリンク設定から

ws000004

パーマリンク設定から設定します。
カスタム構造にチェックを入れて、

/%category%/%post_id%/

/%category%/%postname%/

どちらかを入れます。

これの意味ですが、
%category%=カテゴリ名
%post_id%=ID番号
%postname%=記事名

になりますので、

/%category%/%post_id%/だと
http://kasegoo.info/カテゴリー名/ID番号

/%category%/%postname%/だと
http://kasegoo.info/カテゴリー名/記事名

SEO的に強いのは、断然「http://kasegoo.info/カテゴリー名/記事名」ですが
日本語エンコード化されるので、少々面倒です。
エンコードについては次で説明します。

※この辺のパーマリンク設定がどうしてもわからない場合は、
数字ベースにチェックを入れてください。

ws000005

WordPress側でオート変換して静的化してくれます。

日本語エンコード/2%2%2%2%2%2%の問題

これで静的サイト化させる事が出来たのですが、
ここで、また新しい問題が出てきます。

WordPressは便利な事に、カテゴリー名や記事タイトルを
自動的にURLに登録してくれます。

便利なのですが、これを喜ぶのは外人さんだけです。。

URLは英語でカテゴリーを作れば問題無いのですが、
日本語のカテゴリー名だと、自動的に日本語化エンコードされます。

http://kasegoo.info/2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%

Firefoxだと綺麗に見えますが、あまり良いURLじゃ無いですよね。。
覚える事もまず不可能ですしね。。

そこで、日本語にスラッグを登録して上げます。

まずはカテゴリーの設定

まずはカテゴリーのスラッグ化を説明します。

ダッシュボード⇒投稿⇒カテゴリーから

カテゴリーからスラッグ登録

カテゴリーを作成の際に、名前しか入力しないとURLが日本語になります。
スラッグに英語で記入しましょう。

スラッグを入れる事で、URLがカテゴリー名を英語に変換します。

続いて、記事のスラッグの設定

最初のパーマリンク設定で、

/%category%/%postname%/だと
http://kasegoo.info/カテゴリー名/記事名

を選んだ場合、記事名にもスラッグを付ける必要があります。
記事を投稿して作成した後に、

ダッシュボード⇒投稿⇒新規追加をクリックします。
(通常の記事を書く画面)

通常に記事を書きます。
ab00002622

記事を作成後にスラッグパネルからスラッグを付けます。

 

ab00002623

右上の「表示オプション」をクリックします。

 

ab00002624

スラッグにチェックを入れます。

 

ab00002625

ここに英語でスラッグを記入します。

これで記事部分のURLもスラッグ化完了です。

 

http://kasegoo.info/2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%2%

から

http://kasegoo.info/header/kenikeni

に変更できます。

記事名までのスラッグは記事投稿後に管理するので
少々面倒で忘れがちです。

ちなみに、/%category%/%post_id%/を指定した場合は、
記事名は自動的に番号管理になるので

http://kasegoo.info/header/001

などになります。

私は、管理が大変なので「/%category%/%post_id%/」で運用しています。

管理が面倒な場合は、数字ベースにチェックを入れておくと
WordPress側で自動設定してくれますので、これでOKです^^

以上
WordPressのパーマリンクを設定してURLを静的サイト化させる
でした。

パーマリンクについては、こちらでも参考にできます。
WordPress パーマリンク SEOのための最強設定法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ