WordPressの「投稿記事」と「固定ページ」の違い

WordPressには、2つの記事の投稿方法、「投稿記事」と「固定ページ」があります。
お互いに似た機能ですが、役割が違いますのでしっかりとご説明しまう。

2つを簡単に説明すると

投稿記事 ⇒ アーカイブ所属になり時系列で表示されます。
固定ページ⇒ どこにも属さない単独ページとして表示されます。

動画解説:WordPressの「投稿記事」と「固定ページ」の違い

 

「投稿記事」と「固定ページ」の違い

それでは2つの違いと使い方について説明します。

投稿記事

1231

投稿記事を作成する事で、必ずアーカイブ所属になり時系列に表示されます。
通常のブログとして使う場合はこちらを使い記事の管理がしやすいです。
ブログ記事扱いなのでコメント欄やトラックバック欄があります。

ab00002730

ダッシュボード⇒投稿⇒新規追加より作成します。

 

 

固定ページ

7894

 

固定ページは、どこにも属さない単独ページが出来ます。
そのため、自分でリンクを作る必要がありますが、プロフィールや紹介記事など
トップページから直接リンクさせたい時に使います。
また固定ページ扱いなので、コメント欄やトラックバック欄がありません。

 

ab00002733

ダッシュボード⇒固定ページ⇒新規追加より作成します。

 

通常の記事は、記事投稿で作り、
トップページからの直接リンクさせたい場合は固定ページを使います。

以上
WordPressの「投稿記事」と「固定ページ」の違い
でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ