新機能「レスポンシブWebデザイン」とは何か?

賢威6.0から搭載された新機能の1つ
レスポンシブWebデザインについて説明します。

これはオプション項目からON/OFFの切替が可能で、
それ以外は特に設定する箇所はありませんので、

ここでは、レスポンシブWebデザインって何かってことだけを
理解しておけば問題ありません。

img-s_580x300

 

レスポンシブWebデザインとは?

レスポンシブWebデザインについて説明して行きますが、
詳しい仕組みは抜きとして、わかりやすく簡単に説明して行きます^^

といっても、特に難しいことはないですが、
簡単にいうと、見る環境によってパソコン用、タブレット用、スマホ用と
テンプレートを自動切り替えしてくれます。

WordPressの場合は、携帯用やスマホ用プラグインがありましたが、
デザインが大きく変わってしまったり、読みブログとしては問題ありませんが、

アフィリエイトサイトとしては、
プラグインでは使いにくい感じがありました。

このレスポンシブWebデザインが対応していることで、
賢威のデザインはそのままに、見ている人の環境に合わせて、
デザインや画像の大きさ、カラム数などを自動で調節されます。

どんな感じになるか動画を見て頂くとわかると思います。

 

つまり、パソコン用、スマホ用、タブレット用のすべてに対応した
テンプレートってことになります^^

レスポンシブWebデザインの設定方法

 

レスポンシブWebデザインですが、デフォルトではONになってますので、
特に変更する必要はありませんが、サイト状況に合わせて設定してみてください。

1.ダッシュボード⇒「賢威の設定」をクリックします。

ws000004

 

2.レスポンシブWebデザインから「有効」「無効」を選択してください。

ws000005

これで設定は終わりです。

 

賢威6.0のレイアウトの変化

モバイル用デザインに切り替わった場合は、1カラム仕様になり、
サイドバーのコンテンツはフッター部分へと移動されて表示されます。

ws000006

グローバルメニューがプルダウンメニューに変更されたり、
各部分ごとに調節されて適正表示される形です。

これで、サイト作成の幅も大きく変わりますので、
是非活用してみてください。

以上

賢威6の新機能「レスポンシブWebデザイン」とは何か?でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ