賢威6.1対応:テキストカラー・リンク色・リンク装飾の変更方法

賢威6.1でテキストカラーやリンク色の変更、リンク装飾などの
変更方法について説明します。

fonnto

動画マニュアル

 

フォント色の変更方法

それでは、フォント色の変更方法について説明します。

WordPressダッシュボード⇒外観⇒テーマ編集を開き「design.css」をクリックします。

ws000006

 

/*——————————————————–
2、サイト全体の共通設定
——————————————————-*/

body{ color: #333; } ←こちら#333を変更します。

/*●リンク文字*/
a{ text-decoration: underline; }

a:link,
a:visited{ color: #39f; }
a:hover,
a:active{ color: #f60; }

 

#○○○のカラー見本はこちらを参考にどうぞ
⇒WEBカラー見本


body{ color: #333; } ⇒ body{ color: #ffffe0; }
このように変更してください。

 

リンク色の変更方法

/*——————————————————–
2、サイト全体の共通設定
——————————————————-*/

body{ color: #333; }

/*●リンク文字*/
a{ text-decoration: underline; }

a:link,
a:visited{ color: #39f; } ← リンク色
a:hover,
a:active{ color: #f60; } ← マウスを当てたときのリンク色

リンク色の変更方法ですが、
こちらもWEBカラー見本を参考に変更してください。
リンク色とマウスを当てたときに変わるリンク色と2つ設定可能です。

 

リンク文字の下線をカスタマイズする

/*——————————————————–
2、サイト全体の共通設定
——————————————————-*/

body{ color: #333; }

/*●リンク文字*/
a{ text-decoration: underline; } ←ここを変更することで設定可能です。

a:link,
a:visited{ color: #39f; }
a:hover,
a:active{ color: #f60; }

 

リンクの装飾を変更することが可能です。
「text-decoration: underline; 」の部分を下記に変更することで変わります。

none :通常のテキスト同様

underline :デフォルト設定です。リンクに下線が付きます。

overline :テキスト上部に上線が付きます。

line-through :テキストに取り消し線が付きます。

blink :テキストが点滅します。

 

以上

賢威6.1 テキストカラー・リンク色の変更方法でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ