Windows Live Writerの使い方(記事の書き方)

WordPressに完全対応したブログ投稿ツールの「Windows Live Writer」をご紹介します。

WordPressで記事を作成するには、
ログインしてブラウザー上から作成する必要があります。

どこからでも記事が書ける分便利ですが、
ネット環境によって様々なトラブルのリスクもあります。

Windows Live Writer(以下Writer)を使うことで、
オフライン(パソコン上)で記事を作成、管理してアップロードを行うことができます。

WordPressが苦手とする、
フォントサイズの変更や2行以上の改行も簡単に出来てしまい
WordPressを使う場合には是非Writerをオススメします^^

それでは、Writerの記事の書き方について説明します。

Windows Live Writer使い方ナビ

  1. Windows Live Writerの使い方(インストールと初期設定)
  2. Windows Live Writerの使い方(全体部分の説明)
  3. Windows Live Writerの使い方(記事の書き方)←今ココ
  4. Windows Live Writerの使い方(画像の挿入と編集方法)

 

Windows Live Writerで記事の書き方

Windows Live Writerで記事の書き方をご説明します。

Windows Live Writerで記事の書き方

記事作成には、「ホーム」タブと「挿入」タブを主に使います。
基本的には「ホーム」タブがメインで「挿入」タブがサブ的な要素として使います。

 

ホームタブ

ホームタブの主な機能をご紹介します。

投稿

ab00002754

複数アカウントを登録した場合は、
こちらからどのブログに投稿するか設定できます。
「投稿」をクリックする事で、ブログへ記事が投稿されます。

 

フォント・段落

フォント・段落


フォント・段落

フォントの変更やフォントサイズの変更が出来ます。

10.4フォントサイズの調整ができます。

12フォントサイズの調整ができます。

18フォントサイズの調整ができます。


フォント・段落

 

  • 「B」 大文字に使います
  • 「I」 斜め文字に使います。
  • 「U」下線文字に使います
  • 「ABC」 打ち消し線に使います。
  • 特殊文字
  • 特殊文字

    フォント・段落

    リストタグを使う場合に使用します。

    ・リストタグ
    ・リストタグ
    ・リストタグ

    1.リストタグ
    2.リストタグ
    3.リストタグ


    フォント・段落

    引用タグ、他の記事や他の文章を引用した場合に使うタグです。


    フォント・段落

    文章の右揃え、中央揃え、左揃えを指定出来ます。

     

    HTMLのスタイル

    HTMLのスタイル

    見出し1~6の設定ができます。

    HTMLのスタイル

    クリックすると登録されている見出し1~6の表示が可能です。

     

    リンク

    リンク

    パイパーリンクを押すことで、リンクの設定が出来ます。

    リンク

    アンカーテキストやポップアップ設定、nofollowタグの作成も出来ます。

     

    挿入タブ

    次に挿入タブの主な機能をご紹介します。

     

    区切り線

    区切り線

    水平線は<hr />の挿入が出来ます。

    改行のクリアは、テキストの折り返しを防ぐために、画像の後ろに挿入します。

    記事の分割は<Moreタグ>を挿入します。

    区切り線

     

    表(テーブル)

    表(テーブル)

    テーブルを挿入できます。
    WordPressでは記事投稿でテーブルの設定ができないので重宝します。

    表(テーブル)

     

    メディア

    メディア

    画像については、次の記事で説明します。
    画像の他にも、動画や地図(Bing地図のみ)、記事タグや絵文字の挿入が可能です。

    メディア

    動画については、
    パソコン上からの動画の取り込みやyoutubeなどの表示が可能です。

     

    以上
    Windows Live Writerの使い方(記事の書き方)
    でした。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ