WordPressの記事投稿方法「テキスト(HTML)エディタ」の使い方

WordPressには2つの記事の投稿方法があり、
ここでは、そのうちの1つ「HTMLエディタ」の使い方をご説明します。

HTMLエディタでは、HTMLタグなどソースが使えます。
ビジュアルエディターで作り最終調整で使う方や
HTMLエディタのみで作る方など様々です。

screenshot_08

 

動画解説:WordPressの記事投稿 テキスト(HTML)エディタの使い方

 

テキスト(HTML)エディタの使い方

テキスト(HTML)エディタの使い方について説明します。
記事投稿は、ダッシュボード⇒投稿⇒「新規追加」から行います。

ab00002690

<strong>太字</strong>

<em>斜体</em>

<a href=”http://google.com”>リンク</a>

<blockquote>引用</blockquote>

<del datetime=”2010-01-29T04:45:10+00:00″>打ち消し線</del>

<ins datetime=”2010-01-29T04:45:10+00:00″>下線</ins>

<img src=”画像URL” alt=”sample” />

<ul>リスト</ul>

<ol>番号付きリスト</ol>

<code>ソースコードを表示</code>

<!–more–>投稿に区切り線を挿入

 

コンパネには基本タグしか登録されていません。
その他のタグは自分で調べて使用可能です。

WordPress上ではフォントサイズなどの変更が出来ないため、
HTMLタグでサイズ変更するか、賢威のCSS文字装飾タグを使って変更します。

参考
賢威 スタイルシートの文字装飾タグ一覧

 

以上
WordPressで記事投稿 HTMLエディタの使い方

でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ